2016年9月4日日曜日

ストラスブールの蚤の市 Marché aux puces Strasbourg St.Thomas & Place Broglie


Marché aux puces Strasbourg St.Thoms

9月になりバカンスが終わって、学校も始まり、毎年恒例の子供たちが学校に行きたくなくてクラスで大泣きしてる様子がニュースでやるのが面白い今日このごろ泣く デコメ絵文字

ストラスブールの蚤の市が開かれたので行ってきました。
サン・トマ教会前の広場や橋のほうまでズラーと露店が並んで、プティット・フランス地区で開かれていました。

宝石 デコメ絵文字そこからちょっと離れたPlace Broglie ブログリー広場のほうは宝石も多く、もうちょっとプロっぽかったです。

毎週水曜日と土曜日の朝に骨董市はやっていますが、そちらはプロなので、今回の蚤の市の方が規模が大きくかわいらしい雑貨も出ていたので楽しかったです。


こちらのサイトで、フランス全国の市で行われる蚤の市の年間スケジュールがチェックできてとても便利です。
グッド デコメ絵文字今回のもこのサイトで見てから行きました。

黒ふち家 デコメ絵文字Vide-greniers(ヴィッド・グルニエ)はプロだけでなく、アマチュアの市民も家の中にある不用品を売れる蚤の市。
フリーマーケットみたいな感覚?

Videは空にする、greniersは屋根裏部屋、倉庫を空にするみたいな意味合いがあります。

Marché aux puces とほとんど同義語みたいに使われています。
スターウォーズ  R2-D2 デコメ絵文字よく見ると右のほうにスターウォーズのストーム・トルーパーの人形を運んでいる人が・・・笑


白いテントのとこはイートインコーナーで、アルザス名物のプレッツェルパンやソーセージ、タルトフランベ(サワークリームとベーコン、オニオンを載せて焼いた薄焼きピザ)などを食べることができますピザ デコメ絵文字
私の戦利品は3点。

すべてこのお店から買いました。一番かわいいものを取り揃えてたいた気がする。
一番上の写真もこのお店のもの。(赤ん坊の人形2体がベッドで寝てるのが面白い、笑赤ちゃん デコメ絵文字
黒い服のおばさんが店主。

こちらのアルザシエンヌ人形のアートは今、街のあちこちに設置されています。
いろんな柄があって、これは星座柄。
あたまの大きなリボンはアルザスの女性の民族衣装ですリボン デコメ絵文字


この薔薇の彫刻のピルケースorジュエリーケースも買ったもののひとつですが、
家に帰って裏を見たらMade in Japanと書いてあってビックリ!薔薇 デコメ絵文字

はるばる地球を巡って東フランスまで来て、そのあとまた日本人に買われる運命だったとは。薔薇 バラ ピンク デコメ絵文字

Hyères 1905年と書かれた木の箱はお値段結構しましたが、一目ぼれして購入。
スミレの絵が描かれていますすみれ デコメ絵文字

Hyères (イエール)はコートダジュールのトゥールーズに近い南仏の街。
これも巡り巡って東フランスまで来たんだなぁ。。

元は手袋を入れておくための箱だったそうです。



中も凝っている宝石のなみだ デコメ絵文字

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
宝石 デコメ絵文字よろしければポチお願いします。

パリのビーズ屋さんなど Magasin de perles à Paris etc.

レピュブリック広場にも近いOberkampf (オベールカンフ)にあるビーズ屋さん
Perles corner (ぺルルコーナー)

Perlesは仏語でBeadsのこと。
このお店のWeb Shopからアクセサリー素材を購入したことがあったけど実店舗に行くのは初めてでした。
主にチェコビーズの取り扱いがなかなか良いですネックレス デコメ絵文字

お店のお兄さんも親切でした。


公園 デコメ絵文字オペラ座に近いパリの日本人街St.Anne (サンタンヌ)からすぐのとこにある素敵な小さめの公園。
Le Square Louvois

元は劇場があった場所みたいで、このあたりからアウシュビッツに子供が送られた云々悲しい過去もあったみたいです。

蚤の市で偶然古いポストカードを見つけたら、なんと全く同じ光景が!
1900年代初頭の写真だと思われますが、全く変わってないところが驚き。
こうゆうとこは歴史や古いものを大事にするフランスらしいです。



ご存じモノプリのエコバッグ、1.50€。
安いから日本へのお土産に人気ですよね~エコバッグ デコメ絵文字

パリっぽい柄をチョイス。
モノプリのスーパーに売ってます。私はピラミッド店で買いましたが、右の白いのはこれが最後の一点でした。
他の柄や色はたくさんあったのに、左のもあと少ししかなかったです。


コスモス デコメ絵文字 今日、ベランダの鉢植えのコスモスの中でミツバチ(正確にはbumblebeeマルハナバチ)が死んでいた。。

28日間しか生きられないこの蜂の運命なので、自然に死んだと思われるが、止ったままの愛らしくも悲しい姿に涙・・・ミツバチ デコメ絵文字


蜂の死に合掌コスモス デコメ絵文字

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
みつばち デコメ絵文字よろしければポチお願いします。

Paris Gaufre Méert Lille メールのゴーフル

パリで食べたかったMéert メール のGaufre ゴーフル。

(私の撮影風景が映りこんでて申訳ありませんが、笑カメラ デコメ絵文字

フランス北部の街Lille(リール)が本店です。
サンジェルマン地区にあるこちらのお店、ここまで歩いていけるホテルに泊まっていたので、お店まで歩いて行ったのですが、11時台の営業時間中にも関わらずなぜか閉まっていた~!泣く デコメ絵文字

 フランスでは勝手に店閉めてるのはよくあること・・・。



話変わるが、昼に12時~14時までお店閉まるのはフランスでは、うちの近所の薬局もだし、全然珍しくないけど、Yadokari beadsの出荷で使っているうちの近所の郵便局は通常は閉めない郵便局。。
田舎のほう行くと閉まってますが。

にも関わらず、なぜかちょくちょくエクセプショプショネル(例外的に)で張り紙だけして、11時or12時~14時まで閉まっていたりする。。

用事があるんだろうが、理由は書いてないので、何をしてるのかは不明。。
しかも結構なスタッフ数がいる郵便局。。
みんなで昼でも食べに行ってるんだろうか。。

たびたびあるのに全然exceptionnelleでないし~。
これ、公務員もやっちゃうんだからすごいですよね~(笑)
(日本だったら郵便局が3時間も勝手に閉めてたらクレームもの?大問題に発展しそうな・・・怖)

サンジェルマンデプレ店の外観。

ピカソ美術館近くのマレ地区にもお店があるみたいです。

ここは他のお菓子も箱もかわいいし、まだ日本に進出してないし、Nextラデュレになる予感がプンプンする。。お菓子 デコメ絵文字

フランス最大の蚤の市が毎年開かれるBraderie de Lille (リールのブラデリー)、今年はテロの影響でキャンセルになりましたが、一生のうちに一度は行きたいのでリールに行ったらメールのゴーフルも食べたいな~。

とりあえず、次回パリに行くまでのお楽しみに。。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
よろしければポチお願いします。

Sébastien Gaudard Pâtisserie à Paris パティスリー セバスチャン・ゴダール

日本の雑誌のあちこちに出ているSébastien Gaudard セバスチャン・ゴダールのパティスリー&サロン・ド・テのチュイルリー店に行ってきました紅茶 デコメ絵文字

クラシックなフランスのお菓子で定評のあるセバスチャン・ゴダール。
店内のインテリアや家具もかわいらしくて素敵でした。

チュイルリー公園すぐの絶好のロケーション。

メトロのピラミッド駅で降りたら、ジュンク堂(日本の本屋さん)をまっすぐ行くと右手側にあります。
(黒猫ヤマトパリ側)

ケーキ デコメ絵文字1Fがケーキ&お菓子屋さん、2Fがサロン・ド・テです。
セバスチャン・ゴダールのウィンドーに私が持ってるバルボティーヌ(Barbotine)のこのマーガレットのお皿と全く同じものが飾られていました花 デコメ絵文字

バルボティーヌはアルザスのお隣、ロレーヌ地方でさかんに作られています。

サロン・ド・テの内装はセバスチャン・ゴダールさん自身がデザインしたみたいだけど、
ロレーヌ地方の出身だそうで、それでもしかしてバルボティーヌ??


昔、集めていたバルボティーヌ・・・☆皿洗い☆ デコメ絵文字
Au Bain Marie(オーバンマリー)でせっせと買っていた(かなり)若かりし頃を思い出します。。
バスでパリのラスパイユ大通りを走っていたら、オーバンマリーのお店を見つけて、まだあったんだ!と。

私は名古屋のデパートの中で買ってたのですが。。

このお皿はストラスブールの大聖堂向かって左横にあるアルザス・ロレーヌ地方の土産ものを売るショップで買いました。(Place de la Cathédrale、Office de Tourisme側)

日本の雑誌にはレモンケーキが人気とあったけど、持ち帰り菓子は買わなかったので2Fのサロン・ド・テでモンブランを食べましたモンブラン デコメ絵文字

美味しかったです。

栗 デコメ絵文字日本人はどうしてそんなに栗好きなのかと旦那に不思議がられます。。
ちなみに旦那は栗が嫌い・・・美味しいのに(笑)

パリブレストをチョイスしていました。

サロン・ド・テの店員さんは日本人女性でしたよ。

軽食もあります。
目玉焼き デコメ絵文字メニューにここのクロックムッシュはパリで一番とのFigaro誌のコメントが。。






9区にもお店がありますが、観光客には1区のこちらのほうが便利ですね。



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
花 デコメ絵文字よろしければポチお願いします