2014年10月21日火曜日

ドイツ バーデンバーデン 温泉 Baden baden

http://www.baden-baden.de/en/health-wellness/thermal-baths/caracalla-spa/(日本語ページあり)

ストラスブールから50キロほどの場所にあるドイツの温泉地バーデンバーデンの「カラカラ浴場」です。

高速飛ばして車だと45分ぐらいで到着するので、アルザス地方からも多くの人が訪れます。
もちろん電車でも行けますよ電車 のデコメ絵文字
夏だよ。水着 のデコメ絵文字カラカラは水着着用。

室内と屋外プールが繋がっており、流れるプールみたいになっています。温泉というか温水プールですけどねーアンパンマンだよ。お出掛けだよ。温泉 のデコメ絵文字
打たれる滝みたいなのもあります、笑

スポーツジムみたいな室内。レストランや水着ショップもあります。
バスタオルも借りれますが有料なので、持参したほうがいいです。

広い敷地の中に様々な施設が。ホテルもあり。

バーデンバーデンの街は小綺麗で大きなオーガニックBIO化粧品屋があったり(ゾンネントアhttp://en.sonnentor.com/のハーブティも置いてあり、日本でも同じみのブランドがたくさんありました!WELEDAはフランスよりドイツで買ったほうが安いです)温泉以外もなかなか楽しめます。

ただ駅から市内の中心地までが遠いのでタクシーに乗ったほうが良いかも乗り物だよ。タクシー のデコメ絵文字


http://www.carasana.de/en/friedrichsbad/home/
次は「フリードリッヒ浴場」です。カラカラから歩いてやって来ました。

(タイトルなし) のデコメ絵文字こちらの浴場は水着着用ではなく、曜日によっては男女混浴で裸で入る日もあり、カラカラより勇気が入りそうだったので、個室風呂&マッサージを予約しました。古代ローマ時代のテルマ遺跡がそのまま残っていて建物が重厚です。


こちらから入ります。
マッサージは・・・強烈でしたビックリ のデコメ絵文字びっくり のデコメ絵文字

まずはウォーターベッドのような上で素っ裸でゴマージュを受けるのですが、ゴマージュを落とすためにシャワールームのようなとこに立ち、おばさんに勢いよくホースで放水されます。
こっちは素っ裸、向こうにはホースを持って水を放つおばさん・・・。

そしてそれが終わるとバスローブを着て、次はお風呂のある個室に移動してお風呂に入りますアンパンマンだよ。生活習慣だよ。お風呂 のデコメ絵文字 シャンパンとドリンク付き!

お風呂のあとはまた別室に移動してマッサージを受けるのですが、なんとマッサージシャンはいかついおっさんでしたビックリ のデコメ絵文字
ベッドでうつぶせとはいえ、こちらはまたまた素っ裸・・・
がっしがっし力強くマッサージされます、笑



にほんブログ村


海外旅行(ヨーロッパ) ブログランキングへ

スカラベ (黄金虫) Scarabe

旦那の手に留まるスカラベ夏だよ。昆虫だよ。カブトムシ のデコメ絵文字
ベランダの花壇の中にこんな綺麗なグリーンのスカラベ(黄金虫・コガネムシ)が隠れていました!日本ではフンコロガシ?

スカラベは仏語ですが、ジュエリーのデザインでもスカラベと呼ばれ、特に昔のエジプト関連でよくモチーフを見ますよね。
チェコガラスでもスカラベビーズを見たことがあります。
幸運のシンボルのようなので見れてとてもラッキーでしたクローバー のデコメ絵文字


昆虫だよ。アオムシ のデコメ絵文字おいっちに、おいっちに。
一生懸命葉っぱの下に隠れようと移動していました。
葉っぱと同化して隠れるためにボディが緑色に進化したのかしら?


ハンドメイド(アクセサリー) ブログランキングへ
よろしければポチお願いします。

にほんブログ村

スイス バーゼル Basel

スイスのバーゼルに行ったときの覚書

ストラスブールからは郊外列車TERで1時間ほどで到着です。バーゼルはフランス語ではBâle(バール)と言い、バーゼルはドイツ語圏なのでドイツ語読みです。
飛行機 のデコメ絵文字ちなみにバーゼル空港はフランスのMulhouse(ミュールーズ)にありフランスとスイスの国境近くに位置しています。工業都市で製薬会社が多いですが、美術館が充実しているのでそれが目的でした。
http://www.kunstmuseumbasel.ch/en/the-kunstmuseum-basel/
アート のデコメ絵文字バーゼル市立美術館です。
一番上の写真が美術館の概観でこれは中のエントランス。

Kunstはドイツ語でArtのこと。スイスはとにかく物価が高く何もかもがフランスの2~3倍の値段。美術館の入館料もすごーく高く感じました。
なので買い物にはあまりメリットがありません。その代わりお給料もフランスよりはるかに高くもらえるので、国境近くの人たちはスイスで働きフランスに住むという越境通勤をしている人が多い。
税金はフランスより安いので、フランスの俳優やスポーツ選手なんかのお金持ちセレブは税金対策でスイスに住んでいる人が多いです。

今回一番見たかったのはこの絵ぼかし のデコメ絵文字
ココシュカの「風の花嫁」です。

結婚だよ。花嫁さん のデコメ絵文字 他に誰もいなかったのでこっそり写真を撮りました。
ココシュカ本人と作曲家マーラーの元妻アルマの悲しい恋物語ハート 失恋 のデコメ絵文字

ココシュカ、ほんとにアルマのことが好きだったんですねー。
ココシュカはオーストリアのクリムト・シーレに並ぶ三大画家としても有名ですよね。

街を横断するようにライン川が流れています。
天気が良かったらもっと綺麗だったのに・・・

昔バーゼルの製薬会社が大火事になって化学薬品が流れ出し、アムステルダムまで続くライン川の魚がすべて死んだという事件も・・・魚だよ。魚 のデコメ絵文字


https://www.fondationbeyeler.ch/en/Home
お庭があって建物もステキな「ベイラー財団美術館」
現代美術のミュージアムです。市内の中心地からトラムに乗って結構離れたとこにありますが、館内は広く作品数も多い。とても混んでいました。入館料はやっぱり高かった~



街の中にはトラム(市電)が走っていますアンパンマンだよ。お出掛けだよ。電車で… のデコメ絵文字
しっかし、天気が悪かったので写真がどれも暗いですね・・・no title 絵文字〓汗感情 のデコメ絵文字




海外旅行(ヨーロッパ) ブログランキングへ


にほんブログ村