2013年5月3日金曜日

パリ サンジェルマンデプレ地区 Le souvenir de Paris...Saint Germain des Prés



http://www.parisinfo.com/musee-monument-paris/71393/Jardin-du-Luxembourg#
パリのサンジェルマン地区にあるリュクサンブール公園はお花が咲き乱れていました。
この公園好きだなー。週末はちょっと人が多すぎるけど。。
  Les décorations des fleurs à Jardin du Luxembourg étaient très belle et chic.
Paris est amusant pour acheter, mais j'ai trouvé que c'était en désordre, et que les routes étaient sales. Je peux m'installer à Strasbourg, et les routes sont plus belle que Paris.  

先に見えるのはパンテオン

園内にはモンブランで有名な「アンジェリーナ」のサロンドテもありますケーキだよ。ショートケーキ のデコメ絵文字




 La tour de Macaron
ラデュレのチョコレート屋「レ・マルキ・ド・ラデュレ」のショーウィンドー。
チュイルリー公園の近くにあります。
https://marquis.laduree.com/ja_int/ (日本語)



Le corridor qui est devenu perspective.
いい具合に遠近法の写真となりました。

Saint-Germain-des-Prés, le quartier le plus favori.
有名なカフェ・ドゥマゴ。渋谷の東急文化村にもありますね。
今もあるのかなー?
メトロ「Saint Germain des Prés 」下車すぐ


L'hôtels de Saint-Germain-des-Prés
お友達が遊びに来たのでパリへ。
大好きなサンジェルマン地区のホテルに宿泊。サンジェルマン地区のホテルは部屋が狭いのが難点ですが。。エリア的にはパリで一番好きな場所です。昔大学を出てすぐ、カルチェ・ラタンに住んでいたのでサンジェルマンまでも自転車でよく来ていました。


Église Saint-Sulpice
ダヴィンチコードで有名になったサンシュルピス教会。こちらもサンジェルマンデプレにあります。メトロの「Saint Sulpice」下車すぐ。この辺り有名なブランドのブティックもたくさんありますよ~。
リュクサンブール公園へも私はサンシュルピスで降りて歩きます。



にほんブログ村


フランス旅行 ブログランキングへ

レヴェイユ・デ・ソンス ストラスブール L'éveil des sens, un restaurant Français 

              
                                                "L'éveil des sens"
         http://www.eveil-des-sens.com/index.htm

Le restaurant français qui s'appelé "L'éveil des sens" dans le quartier de la Petite France était très délicieux!  Des fleurs ont été décorées partout dans le restaurant.
L'éveil des sens, 直訳すると「感覚の目覚め」?
こちらのレストランは星はありませんが、プティット・フランス地区にある美味しいフランス料理のお店です。この地区では他にも2軒のフレンチレストランをブログで紹介しています。




にほんブログ村

アルザスワイン街道 Route des vin d'Alsace


Riquewihr est le plus jolie ville d'Alsace

リクヴィールはアルザス地方のワイン街道沿いにあるかわいらしい村。
両側に伝統の木組み(コロンバージュ)の外観の建物のお土産屋さんがズラーと並んでいます。
アルザスの民族衣装を来たハンジのかわいらしいイラストの美術館やショップもあります。



村は城壁みたいな壁に囲まれており、壁の外はすぐにワイン畑。


アルザスワイン街道はお天気が良いときは本当におすすめです。リースリングなど白ワインが有名ですが、一番のおすすめは白の「ピノグリ」です(赤はピノノワール、他に白でピノブランもあります。)アルザスワインは日本では高いですが、個人的に一番美味しくて飲みやすいと思っていますワイン デコメ絵文字




左の2つは、クグロフの型。
クグロフもアルザス地方の名物で、ブリオッシュをもっと固くしたようなパンみたいなお菓子。

スウィートとソルティがあります。
ソルティは中にベーコンが、スウィートはアーモンドが入ってたりします。
スウィートは朝食に、ソルティはアペリティフにどうぞワインとチーズ デコメ絵文字

型の陶器もストラスブールやアルザス地方のお土産屋さんに売っています。

ハート デコメ絵文字名物のプレッツェルパンとクグロフドーナツ デコメ絵文字

右のほうに引っ掛けてあるプレッツェルはソルティタイプで、塩が結構乗っていて塩辛い場合があるので私は塩を払いのけて食べています。固めのパンです。

左のほうに引っ掛けてあるのが、砂糖が乗ったドーナツみたいな甘いタイプのプレッツエル。
ふわふわしてます。本来は固いソルティタイプがトラディショナルなので、このドーナツタイプは後年作られたものになります。



アルザス名物のタルトフランベ。

サワークリームとベーコンのシンプルな薄焼きピザです。
地元民も大好きなタルトフランベ(アルザス語:フロムクーシュ)
白ワインとともにどうぞピザ デコメ絵文字
森ガール デコメ絵文字こちらはお隣の県(Haut-Rhin オ・ラン県の県庁所在地)コルマーです。
日本のガイドには「コルマール」と書いてありますが、発音的には「コルマー」が近いかな。

コルマーはストラスブールに次ぐアルザス地方第二の都市。
宮崎駿の「ハウルの動く城」のモデルになった街でもあります。

ストラスブールはBas-Rhin(バ・ラン)県の県庁所在地。
Haut (オ)上、Bas(バ) 下で、Rhin ライン川の上の、下のという意味。
                             
                             
ミニトレインでコルマー市内の見どころをくるっと1週回れます。


Mont sainte odile

教会 デコメ絵文字こちらも同じく日本からの友達を連れて行っている山の上にある修道院モンサントディールです。
聖人オディールのお墓があり、今もシスターたちが生活している修道院。巡礼者たちが泊まれるホテルにもなっています。

モンサントディールへはストラスブール駅前からバス257番に乗りオベルネ経由で行くことが出来ますが、本数が極端に少ないので注意が必要です。
バス停はストラスブール駅を出たすぐ目の前の広場のところにあります。もしくは麓の街オベルネからタクシーがいいでしょう。
ストラスブールからオベルネまでは郊外列車TERで行くことが出来ます。
行きも帰りもモンサントディールまで行くバスが極端に少ないので、帰りのバスを逃した場合は、タクシーを売店で呼んでもらうなどしないと、タクシーは止まってはいないので注意が必要です。
     
           ligne257 バス時刻表

モンサントディールについてはこちらで詳しく書いています。


森ガール デコメ絵文字修道院からの眺め森ガール デコメ絵文字
アルザスの平原が広がります。
ドイツの黒い森も見えますよ。
ブラックフォーレストとはもみの木が黒く見えることから。

聖女オディール




にほんブログ村
よろしければポチお願いします♡